菌を様々な視点から見る

細菌二重染色キット

-Bacstain- Bacterial Viability Detection Kit-DAPI/PI
-Bacstain- Bacterial Viability Detection Kit-CTC/DAPI
-Bacstain- Bacterial Viability Detection Kit-CFDA/PI

バイオフィルム検出 はこちらから

微生物増殖アッセイ はこちらから

「菌」を見たい指標で選べる

 

  • 蛍光二重染色に最適化した試薬を添加するだけのプロトコル
  • 複数の指標で薬剤効果や菌の状態を評価できる
  • 培養法と比較して評価にかかる時間を大幅に短縮できる
このような方にオススメします!

✔ これから蛍光染色法による実験を始めたい!

✔ 培養法で判定している検査を迅速化したい!

✔ 損傷菌やVNC(viable but non-culturable)菌を検出したい!

✔ 菌に対する薬剤効果を正確かつ簡便に評価したい!

二重染色に最適化したプロトコルで評価を効率化

見たい指標で選べる染色キット

 蛍光染色法による細菌の生死判定などでよく用いられる膜損傷の有無を指標とした染め分けに加え、-Bacstain- Bacterial Viability Detection Kit シリーズでは複数の指標での染め分けが可能であり、細菌の状態を様々な視点から評価することが可能です。

製品名 全菌 膜損傷 呼吸活性 酵素活性
-Bacstain- Bacterial Viability Detection Kit-
DAPI/PI
   
-Bacstain- Bacterial Viability Detection Kit-
CTC/DAPI
   
-Bacstain- Bacterial Viability Detection Kit-
CFDA/PI
   
T 社 製品L    

なぜ複数の指標 ?

細菌に対する抗菌剤等の効果を評価する場合、培養法によるコロニー形成単位(CFU)の確認や蛍光染色試薬を用いた多重染色法による評価が広く用いられています。近年では特に感染症における薬剤耐性菌の出現や損傷菌が引き起こす食中毒等の問題を受けて、これまで一般的に行われてきた単一指標ではなく、抗菌性評価の信頼性向上を目的として、複数の指標で薬剤等の抗菌性を評価する必要性が高まっています。
また、日本国内では2020 年の6 月から食品を扱う全事業者に対してHACCP(危害分析重要管理点)に沿った衛生管理が制度化されることから、特に飲食料品の製造分野では菌検査の簡素化ならびに迅速化の需要が高まっています。

 


実験例

各キットを用いて、Staphylococcus aureus(グラム陽性菌)を染色しました。

蛍光染色例

画像解析ツールを用いた数値化

-Bacstain- Bacterial Viability Detection Kit - DAPI/PICTC/DAPI を用いて、塩化ベンザルコニウムのS. aureus(グラム陽性菌)に対する薬剤効果をイメージングで評価したのち、画像解析ツールで染色像を数値化し、薬剤濃度との相関を示しました。
結果、 S. aureus の呼吸活性ならびに膜損傷に対する塩化ベンザルコニウムの効果は、検出する指標によって大きく異なることが示されました。
複数指標での評価は、単一指標での見落とされる菌の活性を多角的に捉えることで、薬剤効果測定の信頼性向上に寄与するものと考えられます。

 

関連製品

バイオフィルム検出

バイオフィルムにピンッときた方

バイオフィルム 形成量・形成阻害 / 薬剤効果測定 測定キット:

Biofilm Formation / Viability Assay Kit

測定の手間を大幅に低減

煩雑だったウェル毎の洗浄操作は不要です。
ピンプレート付きのプレート蓋で一度に操作が完了できます。

バラツキを抑えることが可能

洗浄操作による物理的なバイオフィルムの剥離を抑えることで、ウェル間、測定者間、施設間の測定結果のばらつきを低減します。

色で見る微生物の増殖活性

微生物活性方法

微生物増殖アッセイキット:Microbial Viability Assay Kit-WST

  • 生きた微生物だけを正確に早く
  • 操作は試薬の添加だけ
  • 細菌・カビでの測定実績

微生物の蛍光染色による迅速な生存率測定

微生物染色試薬 Bacstain シリーズ

微生物の生存率を迅速に検査する手法などに応用されている蛍光染色試薬・キット類です。
溶液タイプのため、試薬の調製が不要ですぐにご利用できます。

製品分類一覧

分類一覧から探す