お役立ち情報

バイオフィルムにピンっときた方

バイオフィルム形成量・形成阻害測定キット

Biofilm Formation Assay Kit

バイオフィルム薬剤効果測定キット

Biofilm Viability Assay Kit

ラインナップ

品名 容量 製品コード
Biofilm Formation Assay Kit 100 tests B601
Biofilm Viability Assay Kit 100 tests B603
最新情報は各製品ページをご確認ください。

2つの製品の特徴

ピンプレートで従来の課題を解決!

測定の手間を大幅に低減

煩雑だったウェル毎の洗浄操作は不要です。
ピンプレート付きのプレート蓋で一度に操作が完了できます。

バラツキを抑えることが可能

洗浄操作による物理的なバイオフィルムの剥離を抑えることで、ウェル間、測定者間、施設間の測定結果のばらつきを低減します。

測定の手間を大幅に低減

既存法はマイクロプレートの底にバイオフィルムを形成するため、菌の培養に伴う培地交換や、染色工程前後の洗浄作業に多くの手間を要していました。本キットは蓋に固定されたピン上にバイオフィルムを形成させるため、培地交換や染色工程が蓋を移すだけで完了し、操作が非常に簡便です。

 

 

バラツキを抑えることが可能

既存法はマイクロプレート底面にバイオフィルムを形成するため、洗浄操作等でバイオフィルムが剥離しやすく、測定値のばらつきが課題でした。本キットはピン表面にバイオフィルムを形成させ、一連の操作によるバイオフィルムの剥がれを抑えます。

 

 

目的に応じた 2 種類のキット

同一の測定手法でバイオフィルムの形成量、またはバイオフィルムに含まれる生菌の代謝活性を測定するキットを取り揃えています。
ご利用の目的に応じてキットをご選択ください。

 

2 種類のキットの選び方と操作

  測定項目 測定対象 測定原理 測定波長 製品名
STEP 1

バイオフィルムの形成量測定
⇨ まず、このキットからスタート!

生菌・死菌
・細胞外多糖
CV 法 590 nm

Biofilm Formation Assay Kit
( 製品コード :B601)

STEP 2

バイオフィルム内の生菌の代謝活性測定
⇨ 形成量測定ができたら、このキット!

生菌 WST 法 440ー480 nm

Biofilm Viability Assay Kit
(製品コード:B603)

※ バイオフィルムの形成条件は菌種や株によって異なります。まず、形成条件の検討にBiofilm Formation Assay Kit をご利用ください。
※ 本キットは福岡県工業技術センター生物食品研究所との共同開発品です。

測定例

 

バイオフィルムに対する薬剤の形成阻害や抗菌効果の指標としては、MBIC(minimum biofilm inhibitory concentrations):最小バイオフィルム形成阻害濃度や、MBEC(minimum biofilm eradication concentrations):最小バイオフィルム撲滅濃度が指標として用いられています。S. aureus について、各キットでMBIC ならびにMBEC を測定しました。

 

関連製品

微生物の蛍光染色による迅速な生存率測定

微生物染色試薬 Bacstain シリーズ

微生物の生存率を迅速に検査する手法などに応用されている蛍光染色試薬・キット類です。
溶液タイプのため、試薬の調製が不要ですぐにご利用できます。

色で見る微生物の増殖活性

微生物増殖アッセイキット Microbial Viability Assay Kit-WST

 

  • 生きた微生物だけを正確に早く
  • 操作は試薬の添加だけ
  • 細菌・カビでの測定実績
品名 容量 製品コード
Microbial Viability Assay Kit-WST 100 tests M439
500 tests

製品分類一覧

分類一覧から探す